カマグラゴールド通販。その人気の秘密を徹底調査!

  1. カマグラゴールド通販。その人気の秘密を徹底調査!   >  
  2. カマグラゴールドの副作用

カマグラゴールドの副作用

めまいのイメージ

カマグラゴールドはEDに対して、協力的な効果を発揮してくれることは確かですが、それにともなった『副作用』の存在を忘れてはいけません。発症は個人差である副作用ですが、万が一の為に知っておいても損は無いでしょう。

頭痛はバイアグラの副作用のなかでも代表的な症状です。市販後の使用成績調査によると、副作用で頭痛が起こる割合は、1.08%(約93人に1人)です。バイアグラの血管拡張作用は脳の血管にも影響します。影響の強さに個人差はあるものの、頭痛は誰にでも起こり得る症状なのです。頭痛の症状は軽く、例えるなら「長時間の睡眠を取ったあと、起床時に感じる頭の痛さ」と同程度と考えていいでしょう。

バイアグラを服用した後、血中濃度は30分ほどで最高値に到達します。その後は徐々に減少していきます。頭痛くらいの軽い副作用は、むしろ効果が出てきたサインと判断できるのです。体内に成分が残っている時間は、効果の持続時間はもちろん、副作用が出る時間とも比例します。血液中の成分は、服用してから3時間ほどで半減するため、効果も副作用も、同じく3時間ほどで減少します。

頭痛以外にも発生率が高い症状は2つあります。顔が赤らんだり熱っぽくなる「ほてり」や「潮紅」です。バイアグラの血管を拡張する作用が、頬の血管に影響することで起こります。ほてりや潮紅も、バイアグラの副作用のなかでは軽い症状と言えるでしょう。報告されている副作用についてまとめます。副作用を訴えた患者のうち、8割は頭痛やほてり(潮紅)、動悸程度の軽い症状で治まっています。症状の軽さに加え、副作用があらわれる確率自体が5%程度とほんのわずかです。飲み合わせや持病などのマイナス条件に該当しない限り、バイアグラは副作用を心配せずに利用できる医薬品といえます。